中学で勉強が苦手だった生徒が、高校に入ってすごい人になっていた話

去年教えていた生徒とそのお母さんがご飯に誘ってくれて、

イタリアンのお店つれてってくれたんですけど、

これが、ピザ2枚とパスタとお肉と、なんかオイーブオイルにパンをつけて食べるやつとか、ほんとにおいしくて、

勉強を教える仕事をしていて、たまにこうしてお礼とかをかねて、保護者が誘ってくれるんですけど、

こういうのがほんとにうれしいですよね。

で、この生徒が今、ほんとにすごくて、高校でパソコンを自分で勉強して自分でデザインしていたり、お父さんが建築会社の社長で、夏休みに会社にいって実際に建物の設計をやってるらしいんですよね。

「は!?」って思ったんですけど、

それもなんかそのへんの家とかじゃなくて、図書館とか会社のオフィスビルとか、そういうでかくて、おしゃれなビルを設計していて、ほんとに建ててるとかで。

やばくないですか!?高校1年生ですよ笑

で、この話って、今勉強をしている中学生・高校生の方や、保護者の方にとってもほんとに考えさせられるというか、価値ある話だと思うんですよね。

勉強ができてなんの迷いもなく高校に行く人にとっても、勉強ができなくて悩んでいる人にとっても。

少なくとも僕は中学生や高校生のときに、こういう話をきけたらどんなによかっただろうと思うし、昨日もすごく嫉妬して、そして考えさせられていました。

この生徒はどんな生徒だったかというと、あまり勉強ができるほうではなくて、というか全然できなくて、中学で150点ぐらいでしょうか。

教えている僕としてもほんとに苦労しました。

勉強を理解するのが苦手だし、集中できないし、覚えられない。

数学の簡単な計算や、理科の植物の問題など、簡単な内容や同じ内容でもやるたびに忘れてしまうのです。

そして彼は性格的にもかわっていて、見た目はほんとにさわやかでイケメンなんですけど、

自分がゆずれないことは曲げられないというか、

学校でもよく先生に叱られたり、先生にけんかをしかけたりもするそうです。

いますよね、たまにそういう人。

昔の僕みたいに。

でも、この生徒は学校の勉強はあまりできなかったんですけど、好きなことには没頭して、異常な能力を発揮するんです。

たとえば、この子は名探偵コナンが好きで、コナン検定みたいなのがあるらしくて、全国1位らしいです。たぶんコナン好きなんて全国にとんでもない数いるし、きっと猛者みたいなのがいるんですけど、彼はその中で全国1位なんです。もうコナンのこと全部知ってるわけです。学校の勉強より、むずいだろwってつっこみたくなりますよね。

その他にも、自分で小説かいて、みんなにみせて楽しませてたりとか。

文化祭の演劇のシナリオもかいてましたし。

今は乃木坂にはまってるみたいですけど。

それからパソコンで自分の名刺をつくったり、CADとかShadeとかつかって建物のデザインつくってたりもしました。

で、これらがほんとにすごかったんですよね。

僕も自分で何冊も本買って、パソコンかたかたやって、デザイン勉強しましたけど、なかなか身につかなかった。

だけど、彼は時間があるからか、好きでやってるからか、すごいんですよね。

僕は中学で勉強を教えていないといけない立場でした。

もちろん勉強は教えて、でも点はなかなか上げてあげられなくて、申し訳ない気持ちもありました。

で、そのときから学校の勉強を教えながらも、

彼はそういう得意なところがあったので、絶対そっちを伸ばしたほうがいいとか、社会のこととか、将来の仕事のこととかいろいろ教えてたんですよね。

勉強が苦手なのに勉強で勝負しなくていいみたいな。

で、絶対に情報学部選べと。

そしたら、ほんとにそういう高校に行って、しかも点数もたくさん必要なところに入って、これはほんとに本人の努力した結果なんですけど、

今思うと選んだ高校と学部が絶妙だったなと思うんです。

で、昨日いったら、もうとんでもないわけです。

話がおもしろいんですよね

勉強はやりたい人はやればいいし、最低限の力は身につければいいと思うんですけど。

でもできなくても悩む必要はないし、できる人も将来役立つことを学んでほしいです。

僕はこの子と最初に出会ったときのことが今でも忘れられないんです。

下まで出迎えてくれて元気に「これからよろしくお願いします!」と。

僕はもうすでにへんな大人目線でアドバイスできる立場にないと思いました。

彼にすでに負けている部分もありますが、これから勝負するつもりでがんばっていきたいと思います。

プロフィール

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です